コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高間省三 たかま しょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高間省三 たかま-しょうぞう

1848-1868 幕末の武士。
嘉永(かえい)元年生まれ。高間寛八の子。安芸(あき)広島藩士。植田兼山,のち阪谷朗廬(ろうろ)にまなぶ。砲術にすぐれ,戊辰(ぼしん)戦争では藩の神機隊砲隊長として各地を転戦,慶応4年8月1日陸奥(むつ)浪江駅(福島県)の戦いで戦死した。21歳。名は正忠。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高間省三の関連キーワード嘉永

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android