コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高階積善 たかしなの もりよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高階積善 たかしなの-もりよし

?-? 平安時代中期の官吏,詩人。
正四位下,民部大輔。寛弘(かんこう)7年(1010)ごろ「本朝麗藻」を編集。作品はほかに「類聚句題抄」「教家摘句」などにみえる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の高階積善の言及

【本朝麗藻】より

…平安中期の漢詩集。高階積善(もりよし)編。1008‐10年(寛弘5‐7)ごろ成立。…

※「高階積善」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高階積善の関連キーワード官吏

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android