コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬘扇 カズラオウギ

デジタル大辞泉の解説

かずら‐おうぎ〔かづらあふぎ〕【×鬘扇】

能で、鬘物(かずらもの)(三番目物)のシテが用いる扇。黒骨・端紅(つまくれない)の絵扇。

かつら‐おうぎ〔‐あふぎ〕【×鬘扇】

かずらおうぎ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かずらおうぎ【鬘扇】

能で、鬘物のシテが用いる黒骨・端紅つまくれないの扇。かつらおうぎ。

かつらおうぎ【鬘扇】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android