三番目物(読み)さんばんめもの

精選版 日本国語大辞典の解説

さんばんめ‐もの【三番目物】

〘名〙 能楽で上演番組が五番立ての場合に第三番目に上演される曲の総称。女性を主人公(シテ)とする鬘物がほとんどで、「井筒」「松風」「羽衣」などがこれにあたる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんばんめもの【三番目物】

能の種別の名。五番立分類(江戸時代の1日の番組編成基準に基づく分類法)で第3番目に置かれる。1日の演能の中心をなす幽玄味の濃い曲で,舞歌の要素を主体とする。現行曲中約40曲ある。主人公は著名な美女の霊(《井筒》《野宮》《夕顔》《東北》《楊貴妃》),美女姿の植物の精(《杜若(かきつばた)》《芭蕉》),天人(《羽衣》《吉野天人》),老女の霊(《檜垣(ひがき)》《姨捨(おばすて)》)などの霊的存在で,夢幻能の形式をとることが多いが,現実の女性が登場する現在能の《熊野(ゆや)》《千手》《草子洗》《関寺小町》等もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の三番目物の言及

【定家】より

…能の曲名。三番目物金春(こんぱる)禅竹作か。…

【能】より

…曲籍は,番組編成の指針であると同時に,演目の分類ともなっているし,また演出の大まかなめどともなる。すなわち,脇能物はよどみなくさわやかに,二番目物はきびきびと勇壮に,三番目物は優美にしっとりと,四番目物は変化を尽くして面白く,五番目物は手強く足取り速くというのがおよその演じかたである。むろん個々の演目で違いの幅は大きいが,一応の基準にはなるのである。…

※「三番目物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android