コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬱悒い イブセイ

1件 の用語解説(鬱悒いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いぶせ・い【鬱悒い】

[形][文]いぶせ・し[ク]
気分が晴れず、うっとうしい。気づまりである。
「天井は―・きまで低し」〈鴎外訳・即興詩人
「ひさかたの雨の降る日をただ独り山辺にをれば―・かりけり」〈・七六九〉
むさ苦しい。汚らしい。見苦しい。
「屋並の揃わない小家つづき…、あたりは一層―・く貧し気に見える」〈荷風・つゆのあとさき〉
「帯が垢付いて―・い」〈浮・妾気質〉
心がいたみ気がかりだ。
「心苦しう―・くて、二とせをおくりつる心のうちを書き給ひて」〈平家・一〇〉
対象となる人や事物が、いとわしくていやだ。不快である。
「やがてその興つきて、見にくく、―・く覚えければ」〈徒然・一五四〉
恐ろしい。気味が悪い。
「見る目―・き呵責のせめ」〈浄・忠臣講釈

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone