コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬱悒い イブセイ

デジタル大辞泉の解説

いぶせ・い【鬱悒い】

[形][文]いぶせ・し[ク]
気分が晴れず、うっとうしい。気づまりである。
「天井は―・きまで低し」〈鴎外訳・即興詩人
「ひさかたの雨の降る日をただ独り山辺にをれば―・かりけり」〈・七六九〉
むさ苦しい。汚らしい。見苦しい。
「屋並の揃わない小家つづき…、あたりは一層―・く貧し気に見える」〈荷風つゆのあとさき
「帯が垢付いて―・い」〈浮・妾気質〉
心がいたみ気がかりだ。
「心苦しう―・くて、二とせをおくりつる心のうちを書き給ひて」〈平家・一〇〉
対象となる人や事物が、いとわしくていやだ。不快である。
「やがてその興つきて、見にくく、―・く覚えければ」〈徒然・一五四〉
恐ろしい。気味が悪い。
「見る目―・き呵責のせめ」〈浄・忠臣講釈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android