コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼の詩 オニノウタ

デジタル大辞泉の解説

おにのうた【鬼の詩】

藤本義一の短編小説。明治後期の上方噺家(はなしか)、2代目桂米喬(べいきょう)をモデルにした作品。昭和49年(1974)発表。同年、第71回直木賞受賞。昭和50年(1975)、作者自身の脚本により映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

鬼の詩の関連キーワード桂 米喬(2代目)村野鉄太郎桂福團治古詩紀

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android