コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼三太 きさんた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鬼三太 きさんた

?-? 平安後期-鎌倉時代の武士。
源義経の家臣。厩(うまや)の係をつとめて「御馬屋の鬼三太」とよばれ,武蔵坊(むさしぼう)弁慶らとともに勇名をはせる。文治(ぶんじ)元年(1185)源頼朝の命をうけた土佐房昌俊(しょうしゅん)が京都六条室町の義経の館をおそった際,これをふせいだ(堀河夜討)。

鬼三太 おにさんた

きさんた

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鬼三太の関連キーワード鬼一法眼三略巻鎌倉時代源義経

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android