コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゆう婁 ゆうろうYi-lou; I-lou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゆう婁
ゆうろう
Yi-lou; I-lou

古代中国の東北地方 (旧満州) に居住していたと推定される部族。沿海州から松花江流域で活躍。史料上の初見は『三国志魏志東夷伝で,それによると扶余系らしいが,言語は扶余や高句麗とは異なる。最初は扶余の支配下にあったが,武勇にすぐれ独立を達成。しかし統一王国を形成するにはいたらなかった。邑落をつくって雑居し,穴居生活を営み,毒矢による狩猟,漁労を主とし,また人尿を洗浄に用いるなどした。こ矢 (こし) ,石ど (せきど) を使用していたところから,先秦の文献にみえる粛慎と同系とする説もあるが,民族の系統,居住地については諸説あり,一定しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゆう婁の関連キーワード満州族

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android