コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魏氏楽譜 ぎしがくふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魏氏楽譜
ぎしがくふ

日本で刊行された明楽の譜。明和5 (1768) 年刊。明の末,長崎に亡命した魏侯 (之 琰) が伝えた明の俗楽を,その子孫皓 (子明,君山) が宝暦,明和の頃京都を中心に普及させた際,門人の増加に伴い,受学者の便宜をはかって平信好 (師古) が編集,刊行した楽譜で,明楽約 200曲中 50曲を収める。各曲は,唐音のかな付けをした歌詞を音の長短に応じて桝目内に収め,その右側に笛の工尺譜を記す余白を残す。工尺譜は受学者が伝を受けた際書写するが,なかには,工尺譜のほか箏,笙,鼓の譜などを書入れた楽譜もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone