俗楽(読み)ぞくがく

精選版 日本国語大辞典「俗楽」の解説

ぞく‐がく【俗楽】

〘名〙
民衆の間に普及した音楽。普通、声明(しょうみょう)普化尺八(ふけしゃくはち)などの宗教音楽や、謡曲筑紫箏(つくしごと)薩摩琵琶(さつまびわ)など品格を重んじた音楽は含まない。三味線音楽俗箏曲・民謡・流行歌など。⇔雅楽
法華義疏(7C前)一「皆為帝釈楽神。四緊那羅為法楽。四乾闥波為俗楽
※集義和書(1676頃)三「柱には虫入(いり)の柄には虫いらず。俗楽の遊は又したがふ」
② 通俗的な音楽。この意味では、俗箏や三味線音楽でも高雅なものは含めない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「俗楽」の解説

ぞく‐がく【俗楽】

雅楽能楽などに対して、民間に行われる音楽。主として江戸時代以降に発達した三味線音楽・箏曲そうきょく・民謡・流行歌など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android