コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚の生臭みを消すには? さかなのなまぐさみをけすには

1件 の用語解説(魚の生臭みを消すには?の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

さかなのなまぐさみをけすには【魚の生臭みを消すには?】

魚特有の生臭みがいやで、魚を食べられない人いませんか?
 とくにサンマのような青背の魚は臭みが強く、敬遠される傾向にあります。しかし、生活習慣病や痴呆(ちほう)の予防に最適なDHAやIPAを豊富に含んでいるのですから、ぜひ摂取したいもの。
 そこで、ひとくふうです。
 焼くときや煮るときに、酢もしくはウメ干しを加えてみてください。魚の生臭みは、アルカリ性のトリメチルアミンという物質によるもので、酸性の酢やウメ干しを使うことによって中和され、生臭みが抑えられます。
 しかも酢の場合は、身を引き締める効果もあるので、焼きくずれ・煮くずれまで防げます。ぜひお試しください。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

魚の生臭みを消すには?の関連キーワードホンモロコ悪食口付く生臭坊主別腹べらべら生臭川魚臭ワサビウミガメ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone