コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活習慣病 せいかつしゅうかんびょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生活習慣病
せいかつしゅうかんびょう

従来「成人病」と呼ばれていたもので,その発症に食生活や運動などの生活習慣が大きく関係する病気の総称。 1996年公衆衛生審議会の答申を受け,97年に厚生省が成人病の改称として提唱した。その範囲は,一般に加齢に伴ってふえる脳卒中や癌,心臓病,糖尿病などから肝疾患,高血圧症,歯周病,骨粗鬆症などまで幅広い。厚生省は長らくこれら疾患の早期発見・治療に重点をおいてきたが,それらの発症・予防には飲酒や喫煙,食生活,運動など生活習慣のあり方が大きくかかわっており,さらに発症時期が低年齢化していることが明らかになってきた。そこで新しい名称を導入するとともに,生活習慣の重要性を訴え,その見直しによって発症を予防するねらいがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

生活習慣病

かつて成人病といわれていた病気。1996年12月、厚生省公衆衛生審議会(当時)でこの言葉が提唱された。「成人病」は、40歳頃より増えるがん、心臓病、脳卒中などの病気を表す概念だった。厚生労働省はこれらの病気に対して、早期発見・早期治療(2次予防)の政策をとっていたが、発症を防ぐ(1次予防)方向へ政策転換した。1次予防のためには生活習慣(ライフスタイル)を見直す必要があるため、このような言葉が作り出された。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいかつしゅうかん‐びょう〔セイクワツシフクワンビヤウ〕【生活習慣病】

心臓病高血圧症糖尿病脂質異常症など、不適切な食事、運動不足、喫煙、飲酒などの生活習慣に起因すると考えられる病気。従来は成人病とよばれてきたが、平成8年(1996)厚生省(現厚生労働省)がこの名称を導入した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

生活習慣病【せいかつしゅうかんびょう】

成人病

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

生活習慣病

食生活、日常行動、ストレス環境要因など様々な日常生活上の習慣が引き金となって起こる病気。動脈硬化、糖尿病、高血圧、痛風など。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

生活習慣病

 行政用語で,以前は成人病とよばれていた.高年齢層に多くみられる疾病で,糖尿病,がん,高血圧,心疾患,痴呆症などをいう.遺伝性の因子と食生活などの生活習慣(環境因子)が複雑にからんで起こるとされる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

生活習慣病用語辞典の解説

生活習慣病

毎日のよくない生活習慣 (過食、運動不足、喫煙、過剰飲酒など) の積み重ねによって引き起こされる病気の総称です。主な生活習慣病には、肥満 (内蔵脂肪型肥満)、高血圧、高脂血症、糖尿病などがあります。生活習慣を改善することで、これらの病気を予防し、あるいは改善することができます。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいかつしゅうかんびょう【生活習慣病】

食習慣・喫煙・飲酒などの生活習慣がその発症・進行に関与する疾患の総称。肥満・高血圧・循環器病など。加齢に着目した疾患群を指す成人病とは概念的に異なるが、含まれる疾患の多くが重複する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生活習慣病
せいかつしゅうかんびょう

食生活や喫煙、飲酒、運動不足など生活習慣との関係が大きい病気のことで、従来は「成人病」とよばれていた。「成人病は本当は習慣病」と1970年代末から指摘していた一人が聖路加(せいろか)国際病院理事長の日野原重明(ひのはらしげあき)(1911― )であった。こうした意見を踏まえた公衆衛生審議会(現厚生科学審議会)の提言を受け、厚生省(現厚生労働省)は1997年(平成9)、「成人病」を「生活習慣病」と改称した。生活習慣病には、日本人の三大死因である癌(がん)(悪性新生物)、心臓病(心疾患)、脳卒中(脳血管疾患)をはじめ、糖尿病、高血圧、高脂血症(脂質異常症)、腎臓(じんぞう)病、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患、痛風、肥満、歯周病、さらには骨粗鬆(そしょう)症、認知症なども含まれる。成人病は年をとっていくと自然に起きる病気、というイメージがあるが、生活習慣病というと乱れた生活が原因であり、個々人の責任、という感じが強くなる。しかし、なかには原因が詳しく分かっておらず、かならずしも個人の責任とはいい切れない病気も含まれている。
 明治以降、第二次世界大戦までは、肺炎、結核、胃腸炎などの感染性疾患が死亡原因の上位を占めていたが、公衆衛生の向上に伴い、感染性疾患は急激に減少した。たとえば、1935年(昭和10)の総死亡に占める感染性疾患と生活習慣病は43%対25%だったが、1955年には20%対47%と完全に逆転している。1958年から、脳卒中、癌、心臓病が死因の1~3位を独占するようになり、翌1959年から政府は「成人病予防週間」を制定し、生活習慣病対策を重点目標にした。しかし、効果をあげているとはいいがたい。生活習慣病は40歳前後から増え始め、働き盛りの成人に蔓延(まんえん)、さらに人口の高齢化で患者数が激増し、今後もますます増えると予想される。
 生活習慣病は毎日の食事や、酒、たばこなどの嗜好(しこう)品、生活環境など日常生活の積み重ねで始まり、加齢によって進行する。発病しないようにする第一次予防は生活習慣の改善で、要件としては、たとえば禁煙、節酒、バランスのよい食事、動物脂肪の摂取制限、適度な運動などがあげられる。続く第二次予防は、検診で早期発見し、発病しても適切な治療で重症化を予防する。これらの考えは、まず癌対策に取り入れられ、1982年施行の老人保健法(現、高齢者医療確保法)下で、自治体による胃、肺、大腸、子宮、乳癌の検診が広がった。ただし、個々の癌検診の受診率は全国的にはかならずしも高くはない。
 癌に続く生活習慣病の心臓病、脳卒中については、厚生労働省は2008年度(平成20)から、市町村や健康保健組合に、生活習慣病予防のための特定健診を義務づけた。肥満症に高血圧、糖尿病、高脂血症の三つが重なる場合は「死の四重奏The Deadly Quartet」(1989年にアメリカの医師によって提唱された概念)とよばれていた。メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)は「死の四重奏」までは行かない、肥満症プラス前記の二つがやや高めの状態のことで、心臓病や脳卒中につながるとして年々注目されてきている。特定健診では、もっとも重要な肥満症の基準をへそ回りの腹囲が、男性は85センチメートル以上、女性は90センチメートル以上としている。脂肪が内臓器官の周囲に多くつく方が動脈硬化の可能性が高まるとの認識に基づき、コンピュータ断層撮影装置で撮影した内臓脂肪の断面積が100平方センチメートルを超す腹囲が85センチメートル、90センチメートルという意味である。基準は日本肥満学会が中心になり、関係学会が同意して決まったが、その後、さまざまな批判意見が出ている。世界各国で似た基準はあるが、男性が女性より細い国はなく、基準が女性に甘すぎる問題点がある。また、滋賀医大教授の上島弘嗣(うえしまひろつぐ)らが約7200人を10年間追跡した調査では、やせていて高血圧、高血糖の人は、肥満の人より心筋梗塞(こうそく)や脳卒中で亡くなる危険が高かった。厚生労働省は特定健診で死亡や医療費が減ることを期待しているが、かならずしも思惑通りに運ぶとは限らないようである。[田辺 功]
『藤沢良知、花村満豊著『生活習慣病を考える』(1998・第一出版) ▽小坂樹徳著『生活習慣病の理解』(2000・文光堂) ▽関原久彦編『生活習慣病――専門医にきく最新の臨床』(2004・中外医学社) ▽主婦と生活社編・刊『生活習慣病 治す防ぐ大事典――自分でできる!家庭でとりくむ!』(2004) ▽大野良之・柳川洋著『生活習慣病予防マニュアル』改訂4版(2005・南山堂) ▽奈良昌治監修、山門實編『ここまでわかってきた最新の生活習慣病健診と対策のすべて――診断からフォローアップまで』(2006・ライフ・サイエンス・センター) ▽小林篤・岡本茂雄著『生活習慣病対策のための疾病予防支援サービス――健康診査と保健指導事業のアウトソーシング』(2006・日本経済新聞社) ▽福井次矢監修『図解 生活習慣病がわかる本――健診結果と自覚症状からチャートでわかる治し方・防ぎ方』(2006・法研) ▽日本生活習慣病予防協会・日本健康スポーツ連盟・辻学園監修『生活習慣病基本事典――どう防ぐ?どう食べる?がよくわかる』(2006・コナミデジタルエンタテインメント) ▽佐藤隆一郎・今川正良著『生活習慣病の分子生物学』(2007・三共出版) ▽北村諭著『やさしい生活習慣病の自己管理』改訂版(2008・医薬ジャーナル社) ▽生活習慣病予防研究会編『生活習慣病のしおり』各年版(社会保険出版社) ▽田上幹樹著『生活習慣病』(ちくま新書) ▽香川靖雄著『生活習慣病を防ぐ』(岩波新書) ▽帝京大学医学部附属病院編、寺本民生監修『生活習慣病クリニック』(中公新書ラクレ)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

生活習慣病の関連情報