コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚梯 ギョテイ

デジタル大辞泉の解説

ぎょ‐てい【魚×梯】

ダム・(せき)などがある所で、魚が河川をのぼれるように作る、ゆるい傾斜や階段状の水路魚道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょてい【魚梯】

ダムや滝などを越えて、上流に魚をさかのぼらせるために設ける、ゆるい斜面または階段状の水路。魚道。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の魚梯の言及

【魚道】より

…(3)階段式 水路を一定間隔で仕切っていくつものプールを造り,流水は仕切りを越えて下のプールに落ちることによって勢いがそがれる。すなわち,階段状のプールを水が流れ落ちてゆくもので,魚梯fish ladder(広義には(1),(2)も含む)とも呼ばれる。日本で最も多く見られる形式である。…

※「魚梯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

魚梯の関連キーワード大里用水ダム上流

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android