鮎川温泉(読み)あゆかわおんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鮎川温泉
あゆかわおんせん

和歌山県南部、田辺(たなべ)市鮎川にある温泉。熊野街道中辺路(なかへち)(国道311号)に沿い、付近には鮎川王子社がある。1926年(大正15)に開発され、泉質は炭酸水素塩泉。1997年(平成9)に旅館施設がなくなり、1998年に日帰り温泉施設がオープンしたが、ふたたび休業。現在入浴することのできる設備はない。道成寺(どうじょうじ)縁起の清姫伝説地がある。JR紀勢本線(きのくに線)紀伊田辺駅からバスが通じる。[小池洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android