富田川(読み)とんだがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富田川
とんだがわ

和歌山県南西部の川。奈良県との県境にある果無 (はてなし) 山脈の安堵山 (1184m) に源を発してほぼ南西流し,白浜町太平洋に注ぐ。全長約 46km。中流部の鮎川温泉付近までは急勾配峡谷を形成,下流部は勾配もゆるやかになり河岸段丘が発達。段丘上ではミカン栽培が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕富田川(とんだがわ)


和歌山県南部を流れる川。奈良県境の安堵(あんど)山(標高1184m)南西腹に源を発し、南西流して白浜(しらはま)町で太平洋に注ぐ。2級河川(富田川水系)。延長34km。中流域に鮎川(あゆかわ)温泉がわく。下流部には国指定天然記念物のオオウナギが生息。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富田川
とんだがわ

和歌山県南西部を南西流する川。奈良県境の果無(はてなし)山脈の安堵(あんど)山(1184メートル)に源を発し、白浜町富田で太平洋に注ぐ。延長33キロメートル、流域面積211平方キロメートル。かつては流路の荘(しょう)名から上流は栗栖川(くるすがわ)、中流は岩田川、下流を富田川と称した。上流は中生層を貫いてV字谷をなし、下流は田辺(たなべ)層群で氾濫(はんらん)原を発達させ天井川となる。田辺市鮎川(あゆかわ)では川原に温泉が湧出(ゆうしゅつ)し、下流の白浜町にはオオウナギ(国の天然記念物)が生息する。[小池洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域遺産の解説

富田川

(山口県周南市菊川~御影町)
ふるさと周南景観特選」指定の地域遺産。
富田川は、大道理地区、四熊地区などに源流をもつ全長14kmの河川。大道理付近から流れ出し、魚切の滝を経て菊川湖に流れ込む

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

世界大百科事典内の富田川の言及

【月山城】より

…毛利氏は毛利元秋や吉川広家などを城主として山陰支配をおこなった。城下の飯梨川(旧名富田川)からは尼子氏代より1666年(寛文6)水没までの城下町遺跡が発見されており,この富田川河床遺跡には掘立柱の町並みの遺構など,中・近世の町並みを示す貴重な遺跡が含まれている。【松浦 義則】。…

※「富田川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富田川の関連情報