コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭酸水素塩泉 タンサンスイソエンセン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炭酸水素塩泉
たんさんすいそえんせん

温鉱泉1キログラム中の溶存固形成分が1グラム以上で、炭酸水素イオンが主成分の温泉。以前は重曹泉(ナトリウムを含む場合)、重炭酸土類泉(カルシウムやマグネシウムを含む場合)とよばれていたが、1978年(昭和53)の鉱泉分析法の改定により炭酸水素塩泉となった。日本の温泉の4.8%程度を占める。含有成分によりナトリウム炭酸水素塩泉Na-HCO3泉、カルシウム(マグネシウム)炭酸水素塩泉Ca(Mg)-HCO3泉などに分類する。弱アルカリ性でリウマチ、婦人病、創傷などに有効で、胃酸過多には飲用は適であるが、腎臓(じんぞう)炎などには飲用不可である。山梨県の増富(ますとみ)温泉、岩手県の夏油(げとう)温泉、新潟県の瀬波温泉、長野県の湯股(ゆまた)温泉と星野温泉、滋賀県の雄琴(おごと)温泉などが有名である。[綿抜邦彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

炭酸水素塩泉の関連キーワード阿寒湖畔温泉南紀白浜温泉温根湯温泉市比野温泉五厘沢温泉湯ヶ島温泉海ノ口温泉アルカリ泉支笏湖温泉那須温泉郷比羅夫温泉洞爺湖温泉湯田温泉京町温泉赤倉温泉湯村温泉俵山温泉岩室温泉坂巻温泉濁川温泉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炭酸水素塩泉の関連情報