コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭酸水素塩泉 タンサンスイソエンセン

2件 の用語解説(炭酸水素塩泉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんさんすいそえん‐せん【炭酸水素塩泉】

泉質の一。ナトリウムイオン・炭酸水素イオン主成分とする温泉。皮膚疾患・やけど・糖尿病などに効くほか、肌をなめらかにする効果があるとされる。ナトリウム泉。重曹(じゅうそう)炭酸水素ナトリウム)を含むことから重曹泉ともいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炭酸水素塩泉
たんさんすいそえんせん

温鉱泉1キログラム中の溶存固形成分が1グラム以上で、炭酸水素イオンが主成分の温泉。以前は重曹泉(ナトリウムを含む場合)、重炭酸土類泉(カルシウムマグネシウムを含む場合)とよばれていたが、1978年(昭和53)の鉱泉分析法の改定により炭酸水素塩泉となった。日本の温泉の4.8%程度を占める。含有成分によりナトリウム炭酸水素塩泉Na-HCO3泉、カルシウム(マグネシウム)炭酸水素塩泉Ca(Mg)-HCO3泉などに分類する。弱アルカリ性でリウマチ、婦人病、創傷などに有効で、胃酸過多には飲用は適であるが、腎臓(じんぞう)炎などには飲用不可である。山梨県の増富(ますとみ)温泉、岩手県の夏油(げとう)温泉、新潟県の瀬波温泉、長野県の湯股(ゆまた)温泉と星野温泉、滋賀県の雄琴(おごと)温泉などが有名である。[綿抜邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

炭酸水素塩泉の関連情報