コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭酸水素塩泉 タンサンスイソエンセン

2件 の用語解説(炭酸水素塩泉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんさんすいそえん‐せん【炭酸水素塩泉】

泉質の一。ナトリウムイオン・炭酸水素イオン主成分とする温泉。皮膚疾患・やけど・糖尿病などに効くほか、肌をなめらかにする効果があるとされる。ナトリウム泉。重曹(じゅうそう)炭酸水素ナトリウム)を含むことから重曹泉ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炭酸水素塩泉
たんさんすいそえんせん

温鉱泉1キログラム中の溶存固形成分が1グラム以上で、炭酸水素イオンが主成分の温泉。以前は重曹泉(ナトリウムを含む場合)、重炭酸土類泉(カルシウムマグネシウムを含む場合)とよばれていたが、1978年(昭和53)の鉱泉分析法の改定により炭酸水素塩泉となった。日本の温泉の4.8%程度を占める。含有成分によりナトリウム炭酸水素塩泉Na-HCO3泉、カルシウム(マグネシウム)炭酸水素塩泉Ca(Mg)-HCO3泉などに分類する。弱アルカリ性でリウマチ、婦人病、創傷などに有効で、胃酸過多には飲用は適であるが、腎臓(じんぞう)炎などには飲用不可である。山梨県の増富(ますとみ)温泉、岩手県の夏油(げとう)温泉、新潟県の瀬波温泉、長野県の湯股(ゆまた)温泉と星野温泉、滋賀県の雄琴(おごと)温泉などが有名である。[綿抜邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炭酸水素塩泉の関連キーワードイオンポンプ酸塩基平衡重炭酸ナトリウム水素イオン炭酸水素ナトリウムヒドロニウムイオン陽イオンオキソニウムイオン塩化物泉水素イオン活量

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

炭酸水素塩泉の関連情報