コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯖折り さばおり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鯖折り
さばおり

相撲の決まり手の一つ。両まわし (両上手が本格) を引きつけ,顎を相手の肩にあて,ぐいと前へつぶすように引いて,相手に両膝,あるいは片膝をつかせる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さば‐おり〔‐をり〕【×鯖折り】

相撲のきまり手の一。相手のまわしを引きつけ、上背(うわぜい)を利かせて上からのしかかるように下半身を攻め、ひざをつかせる技。腰挫(こしくじ)き。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

鯖折りの関連キーワード相撲

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鯖折りの関連情報