鯖折り(読み)さばおり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鯖折り
さばおり

相撲の決まり手の一つ。両まわし (両上手が本格) を引きつけ,顎を相手の肩にあて,ぐいと前へつぶすように引いて,相手に両膝,あるいは片膝をつかせる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さば‐おり〔‐をり〕【×鯖折り】

相撲のきまり手の一。相手のまわしを引きつけ、上背(うわぜい)を利かせて上からのしかかるように下半身を攻め、ひざをつかせる技。腰挫(こしくじ)き。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android