本格(読み)ほんかく

精選版 日本国語大辞典「本格」の解説

ほん‐かく【本格】

〘名〙
① 根本の格式、法則。もとからの正しい方式。本則。
※雑俳・鉄くまで(1846)「陽気息子・つらい本見せて往く」 〔魏書‐高陽王雍伝〕
② (形動) 本来そうあるべき方式に従っていること。また、すっかりそのようになるさま。本式
※雑俳・柳多留‐一五(1780)「本かくで行くとくるわへおさまらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本格」の解説

ほん‐かく【本格】

[名・形動]本来の格式。もともとの方式。また、それに従っているさま。本式。「流儀の本格にのっとる」「本格な(の)床の間」「本格派」
[類語]本当本物本式正規正式本来実物本格的正格正しい正則正統正調公式格調格式品格品位風格おおやけ公的儀礼礼法礼式礼儀風儀作法よそ行き格式張る折り目正しいフォーマル本筋まっとう正道本道本流主流中正至当合理的合法的押しも押されもせぬれっきとちゃんとまとも道理道理至極腰を入れる本腰本腰を入れるレギュラーオーソドックスプロパー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「本格」の解説

【本格】ほんかく

本来の規格等級。〔魏書、献文六王、高陽王伝〕武人、本(もと)上格の(ひ)きてと爲し、格のを虎(こほん)と爲し、下格のを直從と爲す。~今試みに本格を以て其の初の如きを責め、先に爽(たが)ふらば、せよ。

字通「本」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android