鯨帯(読み)くじらおび

精選版 日本国語大辞典「鯨帯」の解説

くじら‐おび くぢら‥【鯨帯】

〘名〙 (もと、片側が黒繻子、片側が白布などで、あたかも鯨の皮と肉、また背と腹の黒と白に似ているところから) 表と裏の布の違う帯。昼夜帯。両面帯。
※俳諧・題林一句(1683)夏「汐ふくや汗のうら衣の鯨帯〈遊水〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鯨帯の言及

【帯】より

…( 図)腹合せ帯長さ4m,幅30.5cmに芯を入れて毛抜(けぬき)仕立てとし両面使用できる。片面を黒繻子とした昼夜(ちゆうや)帯(鯨帯とも)は江戸中期から大正時代まで丸帯とともに女帯の代表であった。両面をやわらかい塩瀬羽二重などで仕立てたものは帛紗(ふくさ)帯と呼んだ。…

※「鯨帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android