コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白布 ハクフ

デジタル大辞泉の解説

はく‐ふ【白布】

白いぬの。しろぬの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しろぬの【白布】

古代以来,青苧(あおそ)等の麻苧を原料としてつくられた衣料。すでに律令制時代に貢納・自給のため全国的に生産されていた。平安末期から鎌倉時代には,残存史料によると青苧生産地の甲斐(小井河荘),常陸(村田荘),上野(土井荘),備前(長田荘),豊前(糸田荘),薩摩(入来院)等の諸荘園から公事物として白布が貢納されている。鎌倉末期以降になると青苧等麻布原料の商品化によって,それらが京都,奈良,天王寺等の都市麻織業者に供給されて,製品白布はこれらの都市の白布座・布座で売られるようになる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はくふ【白布】

白いぬの。白いきれ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白布の関連キーワード西吾妻スカイバレー山形県米沢市関白布[温泉]白張・白丁懸想文売り蛍光増白剤打ち覆ひネクタイ御身拭い納棺の儀フィデス蔵王温泉今神温泉足利荘岩田帯白和幣帯祝い大帷子三角巾小忌衣

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白布の関連情報