コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯱巻(き) シャチマキ

デジタル大辞泉の解説

しゃち‐まき【×鯱巻(き)】

棒状のものに長いものを巻きつけて全体をぐるぐる巻きにすること。
縮緬(ちりめん)などを湯熨斗(ゆのし)をして仕上げるときの工程で、蒸気を当てながら木の軸棒に布を巻きつけていくこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例