コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰻攫 うなぎつかみ

大辞林 第三版の解説

うなぎつかみ【鰻攫】

タデ科の一年草。水辺に自生。茎は長くて稜角があり、短い逆刺が列生。葉は卵状披針形で基部が二裂する。初夏から秋、枝頂に紅色を帯びた小花がかたまってつく。ウナギヅル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鰻攫 (ウナギツカミ)

植物。キク科の一年草,薬用植物。タカサブロウの別称

鰻攫 (ウナギツカミ)

学名:Persicaria sagittata var.sibirica f.aestiva
植物。タデ科の一年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鰻攫の関連キーワード稜角

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android