コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜蓼 サクラタデ

デジタル大辞泉の解説

さくら‐たで【桜×蓼】

タデ科の多年草水辺に生え、高さ50~70センチ。秋、淡紅色の花を穂状につける。花びらはなく、(がく)が花びら状になる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さくらたで【桜蓼】

タデ科の多年草。水湿地に自生。高さ約50センチメートル。葉は披針形。八月から九月にかけ、茎頂付近に淡紅色の細かい花穂をつける。 [季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

桜蓼 (サクラタデ)

学名:Persicaria conspicua
植物。タデ科の多年草

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

桜蓼の関連キーワードタデ(蓼)披針形自生

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android