コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱗剥作用 りんぱくさようdesquamation

岩石学辞典の解説

鱗剥作用

インソレーション(insolation)と同義.地表に晒されている岩石の表面が,日光その他による加熱のために,表面の部分と内部とで膨張の程度が異なり,そのために歪み割れができ薄殻となって上表から剥げ砕けていく作用[Richithofen : 1886,渡辺編 : 1935].ラテン語のsquamaは鱗の意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

鱗剥作用の関連キーワードインソレーション

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android