コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴る神の ナルカミノ

デジタル大辞泉の解説

なるかみ‐の【鳴る神の】

[枕]雷の音の意から、「音」「音羽(おとわ)」に掛かる。
「―音羽の山の峰の雲」〈壬二集・下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なるかみの【鳴る神の】

( 枕詞 )
雷は音だけが聞こえて姿が見えないことから、「音おと」もしくは「音のみ聞く」にかかる。 「 -音のみ聞きしみ吉野の真木立つ山ゆ見下ろせば/万葉集 913

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鳴る神のの関連キーワード八重雲隠るヒノキ音羽天雲枕詞

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android