コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬二集 みにしゅう

5件 の用語解説(壬二集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壬二集
みにしゅう

鎌倉時代の私家集。別名『玉吟集』。藤原家隆の詠草を寛元3 (1245) 年前内大臣藤原基家が編纂したもの。3巻。最も歌数の多い写本によれば約 3200首を収めるが,諸本により歌数の増減がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みにしゅう〔みニシフ〕【壬二集】

鎌倉時代の私家集。3巻。藤原家隆作。寛元3年(1245)九条基家が家隆の詠草をもとに撰。六家集の一。玉吟集。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みにしゅう【壬二集】

藤原家隆の他撰歌集。〈六家集〉の一つ。1245年(寛元3)ころに原撰本が成立。総歌数約3300首。九条基家が家隆の詠草に基づき編纂した集が原型か。《玉吟集》と題する伝本も多い。定数歌(一定の数を定めて歌を詠むもので,百首歌が基本)二十数種と,四季部,恋部,雑部など整然と分類された約1280首の歌群とを収録。〈霞立つ末の松山ほのぼのと浪に離るる横雲の空〉など壮年の優艶風から,〈うちつけに幾度空の時雨れつつ今朝山里に冬の来ぬらん〉など晩年の平淡風まで,生涯の作を収める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みにしゅう【壬二集】

歌集。三巻。藤原家隆(通称、壬生みぶ二品)の家集。九条基家撰。1245年頃成立。六家集の一。玉吟集。壬生二品集。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壬二集
みにしゅう

藤原家隆(いえたか)の家集。書名は家隆が壬生二品(みぶにほん)と称されたことによる。別称『壬生二品集』『玉吟集』『家隆卿(きょう)集』。伝本は三系統に分かれ、それぞれ歌数が異なるが、もっとも歌数の多い広本系は三巻、3201首を収める。上・中巻は百首歌・五十首歌などの定数歌や障子歌、屏風(びょうぶ)歌、下巻は四季・恋・雑(ぞう)に部類した歌会や歌合(うたあわせ)の詠からなる。多作家と伝えられる歌人家隆の代表的な作品群はほぼ網羅されているといってよい。1245年(寛元3)九条基家(もといえ)が編んだ初撰(しょせん)本にさらに別の資料を加えてなった他撰家集である。六家集の一つ。[久保田淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壬二集の関連キーワード後京極良経私家集新古今和歌集六家集五十番歌合夕陽丘『新古今和歌集』藤原家経藤原家良藤原隆祐

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone