鳴(り)掛(か)る(読み)ナリカカル

デジタル大辞泉の解説

なり‐かか・る【鳴(り)掛(か)る】

[動ラ五(四)]
鳴りそうになる。また、ちょっと鳴ってやむ。「電話のベルが―・る」
声を立てて騒ぐ。
「知る知らぬ多くの僧ども―・り加持参るほどに」〈栄花・衣の珠〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android