コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴門若布 ナルトワカメ

2件 の用語解説(鳴門若布の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なると‐わかめ【鳴門若布】

ワカメに木灰をまぶして砂浜で日干ししたあと、灰を洗って再び陰干ししたもの。鳴門地方で産する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なるとわかめ【鳴門若布】

徳島県鳴門地方に産するワカメ。茎が短く葉に襞ひだが少ない。軟らかで味がよいので有名。乾燥させるとき、木灰を用いるのが特徴。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳴門若布の関連キーワード木灰皮蛋眩しい豆炒り若山節乾干し日干し塩ワカメ灰干しワカメ