鴇色・朱鷺色(読み)ときいろ

精選版 日本国語大辞典の解説

とき‐いろ【鴇色・朱鷺色】

〘名〙 鴇の羽の色。薄紅に近い色。黄みのある薄い桃色。鴇羽色。とき。〔蛮語箋(1798)〕
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉三「其翅の裏淡紅なるは、朱鷺なり〈略〉俗に鴇色(トキイロ)といふは、此色より起れるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android