コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那珂 なか

5件 の用語解説(那珂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那珂
なか

福岡県北西部,福岡市博多区南部の地区。国道3号線と JR鹿児島本線とによってほぼ東西を限られる。旧町名。 1955年福岡市に編入。北部の竹下駅付近は工業地区,南部は南福岡駅および西日本鉄道雑餉隈 (ざっしょのくま) 駅付近を中心に住宅地区として発展している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なか【那珂】

茨城県中北部にある市。水戸市の北にあり、中心は菅谷(すがや)。杉苗木やゴボウの栽培が盛ん。平成17年(2005)1月に那珂町、瓜連(うりづら)町が合併して成立。人口5.4万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なか【那珂】

茨城県中部の市。那珂台地を占め、畑作が盛ん。近年、水戸市やひたちなか市のベッドタウンとして発展。関東で最大の白鳥渡来地。

なか【那珂】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

那珂
なか

茨城県北部、那珂郡にあった旧町名(那珂町(まち))。現在は那珂市の中央部から南部を占める地域。旧那珂町は1955年(昭和30)菅谷(すがや)町と神崎(かんざき)、額田(ぬかだ)、五台(ごだい)、戸多(とだ)、芳野(よしの)、木崎(きざき)の6村が合併して成立。郡名を町名とした。2005年(平成17)同郡瓜連(うりづら)町を編入して市制施行、那珂市となった。旧町域は那珂台地と那珂川、久慈(くじ)川の沿岸低地をもつ。JR水郡(すいぐん)線、国道6号、118号、349号が通じ、常磐(じょうばん)自動車道那珂インターチェンジがある。中世は江戸氏から佐竹氏、近世は水戸藩の支配を経て、明治以後は、那珂郡政の中心をなした。菅谷は棚倉(たなぐら)街道(国道349号)の宿場であった。台地が広くゴボウは主産地、米、ラッカセイ、いも類、野菜類などの栽培が盛ん。スギ苗は杉(すぎ)地区を中心に近世以来の生産地。東海村に隣接し、1985年に日本原子力研究所那珂研究所(現、日本原子力研究開発機構那珂核融合研究所)が開設。県の施設が多く、笠松運動公園、県民の森、植物園(熱帯植物館あり)、きのこ博士館、鳥獣センター、林業技術センターなどが設置されている。水戸市や、ひたちなか市に接し、那珂インターチェンジもあるため、食品、電気機器、機械などの工業も行われ、那珂西部工業団地も造成された。1965年以降、人口も増えている。3年に一度、8月に行われる菅谷の鹿島(かしま)神社大助(おおすけ)祭(提灯(ちょうちん)祭)は有名。上宮(じょうぐう)寺の聖徳太子絵伝(えでん)は国指定重要文化財。鈴木家住宅など県指定文化財も多い。[櫻井明俊]
『『那珂郡那珂町史』(1956・那珂町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

那珂の関連キーワード福岡県福岡市博多区井相田福岡県福岡市博多区大井福岡県福岡市博多区堅粕福岡県福岡市博多区住吉福岡県福岡市博多区千代福岡県福岡市博多区中洲福岡県福岡市博多区博多駅前福岡県福岡市博多区南八幡町福岡県福岡市博多区南本町福岡県福岡市博多区豊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

那珂の関連情報