那珂(読み)なか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那珂
なか

福岡県北西部,福岡市博多区南部の地区。国道3号線と JR鹿児島本線とによってほぼ東西を限られる。旧町名。 1955年福岡市に編入。北部の竹下駅付近は工業地区,南部は南福岡駅および西日本鉄道雑餉隈 (ざっしょのくま) 駅付近を中心に住宅地区として発展している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

なか【那珂】

茨城県中部の市。那珂台地を占め、畑作が盛ん。近年、水戸市やひたちなか市のベッドタウンとして発展。関東で最大の白鳥渡来地。

なか【那珂】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

那珂
なか

茨城県北部、那珂郡にあった旧町名(那珂町(まち))。現在は那珂市の中央部から南部を占める地域。旧那珂町は1955年(昭和30)菅谷(すがや)町と神崎(かんざき)、額田(ぬかだ)、五台(ごだい)、戸多(とだ)、芳野(よしの)、木崎(きざき)の6村が合併して成立。郡名を町名とした。2005年(平成17)同郡瓜連町(うりづらまち)を編入して市制施行、那珂市となった。旧町域は那珂台地と那珂川、久慈(くじ)川の沿岸低地をもつ。JR水郡(すいぐん)線、国道6号、118号、349号が通じ、常磐(じょうばん)自動車道那珂インターチェンジがある。中世は江戸氏から佐竹氏、近世は水戸藩の支配を経て、明治以後は、那珂郡政の中心をなした。菅谷は棚倉(たなぐら)街道(国道349号)の宿場であった。台地が広くゴボウは主産地、米、ラッカセイ、いも類、野菜類などの栽培が盛ん。スギ苗は杉(すぎ)地区を中心に近世以来の生産地。東海村に隣接し、1985年に日本原子力研究所那珂研究所(現、日本原子力研究開発機構那珂核融合研究所)が開設。県の施設が多く、笠松運動公園、県民の森、植物園(熱帯植物館あり)、きのこ博士館、鳥獣センター、林業技術センターなどが設置されている。水戸市や、ひたちなか市に接し、那珂インターチェンジもあるため、食品、電気機器、機械などの工業も行われ、那珂西部工業団地も造成された。1965年以降、人口も増えている。3年に一度、8月に行われる菅谷の鹿島(かしま)神社大助祭(おおすけまつり)(提灯(ちょうちん)祭)は有名。上宮寺(じょうぐうじ)の聖徳太子絵伝(えでん)は国指定重要文化財。鈴木家住宅など県指定文化財も多い。[櫻井明俊]
『『那珂郡那珂町史』(1956・那珂町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

なか【那珂】

[一] 茨城県中部の地名。水戸市に隣接し、宅地化が進む。JR水郡線が通じる。平成一七年(二〇〇五)市制。
[二] 茨城県北部の郡名。かつては久慈川と那珂川にはさまれた地域を広く占めたが、旧郡域内にひたちなか、那珂、常陸大宮の各市が成立している。
[三] 埼玉県(武蔵国)の旧郡名。上代、武蔵七党の一つの猪俣党の根拠地となった。明治二九年(一八九六)児玉郡に合併された。
[四] 香川県(讚岐国)の旧郡名。明治三二年(一八九九)多度郡と合併して仲多度郡となった。
[五] 福岡県(筑前国)の旧郡名。明治二九年(一八九六)御笠・席田の二郡と合併して筑紫(ちくし)郡となる。
[六] 宮崎県の南東部にあった郡。明治一七年(一八八四)北那珂・南那珂の二郡に分かれ、うち、北那珂郡は同二九年宮崎郡に編入され消滅。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

那珂の関連情報