コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴈門関 がんもんかんYan-men-guan; Yen-mên-kuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鴈門関
がんもんかん
Yan-men-guan; Yen-mên-kuan

中国,山西省北部を南北に走る内長城沿いの要地。句注 (こうちゅう) 山中の隘路にあり,句注けいともいう。春秋時代に開かれ,漢以後は北方民族に対する重要な防衛地点となり,隋・唐時代には突厥 (とっけつ) ,ウイグル沙陀 (さだ) などの北方民族との間に激しい争奪戦が繰返された。明初,現在のところに関城が建設され,寧武,偏頭の2関とともに外三関といわれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone