コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沙陀 さだ Sha-tuo; Sha-t`o

2件 の用語解説(沙陀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沙陀
さだ
Sha-tuo; Sha-t`o

西突厥の一派。中国,唐初,天山山脈東部に居住したが,吐蕃の圧迫を受けて北庭 (ビシュバリク) ,甘州に移動し,元和3 (808) 年唐に服属。部長の朱邪執宜 (しゅやしつぎ) は陰山府兵馬使に任じられ,その子の朱邪赤心 (しゅやせきしん) は唐で起った農民反乱の鎮圧に功績を立てたため大同軍節度使の官を与えられ,姓を李,名を国昌と賜わった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沙陀
さだ

アジア、西突厥(とっけつ)の一派。唐初には天山山脈の東部にいて、高宗(在位649~683)のとき唐の間接支配を受けたが、吐蕃(とばん)の圧迫を受けて北庭(ビシュバリク)方面へ移り、のち唐に降(くだ)った(808)。唐はこれをオルドスの塩州に置き、族長朱邪執宜(しゅやしつぎ)を西北辺の防衛にあたらせた。その子赤心(せきしん)は唐末の混乱期の反乱を平定するのに功績をたて、唐から李国昌(りこくしょう)の姓名を与えられた。国昌の子李克用(りこくよう)は唐を助けて黄巣(こうそう)の乱の平定に努め、さらにその子李存勗(りそんきょく)は後梁(こうりょう)にかわって後唐(こうとう)を建てた(923)。五代の後晋(こうしん)、後漢(こうかん)も、沙陀の建てた王朝である。[護 雅夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沙陀の関連キーワード西突厥北庭都護府回疆高昌天山南路天山北路吐魯蕃アクスイリ[川]トン・ヤブグ・ハガン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone