コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴨吉備麻呂 かもの きびまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鴨吉備麻呂 かもの-きびまろ

?-? 奈良時代の官吏。
大宝(たいほう)2年(702)遣唐使中位として唐(中国)にわたり,慶雲(きょううん)4年帰国。下総(しもうさの),玄蕃頭(げんばのかみ),河内(かわちの)守,播磨(はりまの)守を歴任。養老3年美作(みまさか)・備前・備中(びっちゅう)・淡路(あわじ)の按察使(あぜち)(行政監察官)となった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鴨吉備麻呂

生年:生没年不詳
奈良時代官人大宝1(701)年,遣唐使中位として入唐(大使は粟田真人)。慶雲4(707)年に帰国し,入唐の功績によって七位上から従五位下に特別に昇進している。以後下総守,玄蕃頭,河内守,播磨守などを歴任。

(鬼頭清明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

鴨吉備麻呂の関連キーワード生年官吏

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android