コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜飼屋甚蔵 うがいや じんぞう

1件 の用語解説(鵜飼屋甚蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鵜飼屋甚蔵 うがいや-じんぞう

1833-1877 幕末の鑓(やり)師。
天保(てんぽう)4年生まれ。家業をつぎ加賀金沢藩主前田家につかえた。おさないとき松波景栄に浮世絵をまなぶ。維新後,鑓師をやめて浮世絵をえがいた。また木工,金工をよくし,消防十七組の纏(まとい)のデザインを作成した。明治10年12月死去。45歳。本姓は巌。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鵜飼屋甚蔵の関連キーワード島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群カルリスタ戦争工場法天保の飢饉木戸孝允木戸孝允長三洲

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone