コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶏冠壺 けいかんこJi-guan-hu

1件 の用語解説(鶏冠壺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶏冠壺
けいかんこ
Ji-guan-hu

中国の遼寧省や内モンゴル自治区から出土する遼 (10~12世紀) の陶器。器体上半部が扁平につぶれ,その一方に注口があり,これに連なって鶏冠状の取手がある。この形態をとって鶏冠壺と呼ばれ,白釉,緑釉,三彩などの施彩がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の鶏冠壺の言及

【遼三彩】より

…赤土に白化粧して,透明釉・褐釉・緑釉がほどこされた遼三彩は独特のひなびた鮮やかな釉色にくっきりと焼きあがり,魅力が深い。鶏冠壺,長頸瓶,水注,盤,碗,暖盤など,器種もゆたかであるが,実用というよりはおもに有力者の墓葬に副葬された明器(めいき)であったと推測される。遼における三彩づくりは1060年代から1100年前後に沸騰するように量産され,金によって1125年に滅ぼされるとまったく絶えてしまったと思われる。…

※「鶏冠壺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone