鶴の巣籠もり(読み)ツルノスゴモリ

デジタル大辞泉の解説

つる‐の‐すごもり【鶴の巣籠もり】

囲碁で三子並んだ石が、相手方に駄目が詰まった形で囲まれ、三手開いているのにどうしても逃げられない状態。

尺八曲の一。同名異曲が多いが、いずれも親鶴が子を育てて別れるまでの喜びや悲しみを主題とする。琴古(きんこ)流では「巣鶴鈴慕(そうかくれいぼ)」という。
胡弓曲(こきゅうきょく)の一。江戸中期に江戸の藤植検校(ふじえけんぎょう)が作曲。ひな鶴や松風を歌っためでたい歌詞で、手事(てごと)で鶴の声を模して聞かせる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android