駄目(読み)だめ

精選版 日本国語大辞典「駄目」の解説

だ‐め【駄目】

〘名〙
囲碁で、石の周囲または相手の地(じ)との界にあって、双方の地に属さない空点。ここに石を打っても地は増えない。終局後、相手と交互に石を埋めあう。〔名語記(1275)〕
※合巻・偐紫田舎源氏(1829‐42)四「を打ち果てて、ここは駄目、そこにも二目と言ふさへも」
② 「だめおし(駄目押)」の略。
浄瑠璃・三浦大助紅梅靮(1730)三「分別のだめがもそっと足らぬ」
演劇で、脚本、演出、演技などの悪い点についての注意。→駄目を出す②。
※古川ロッパ日記‐昭和一一年(1936)一二月三日「部屋へ皆集めて、ダメをいろいろ」
④ (形動) 行なっても効果のないこと。何の益もないこと。役に立たないこと。また、そのさま。むだ。
※評判記・野郎児桜(1686)玉川泉之丞「定めてだめのなき御あん」
※滑稽本・続膝栗毛(1810‐22)八「此たかい米をだめ(むだ)にくはれてたまるもんか」
⑤ (形動) 不可能なこと。また、そのさま。
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一九「コントの糟粕(そうはく)を荷(かつ)ぎだしたって画餠(ダメ)だヨ」
⑥ (形動) よくない状態であること。価値が低いこと。どうしようもないこと。また、そのさま。
※新釈諸国噺(1945)〈太宰治〉意地「駄目な男といふものは、幸福を受け取るに当ってさへ、下手くそを極めるものである」
⑦ (形動) してはいけないこと。やってはならないよけいなこと。また、そのさま。
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「『当分居てもらって万事の世話を頼むだ方が可からうと思ふ〈略〉』『不要(ダメ)だ!』と顔を背ける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「駄目」の解説

だ‐め【駄目】

[名・形動]5原義
よくない状態にあること。また、用をなさない状態にあること。また、そのさま。「暑さで食べ物が駄目になる」「重病で、もう駄目らしい」「駄目なやつ」
効果がないこと。また、そのさま。むだ。「いくら頼んでも駄目だ」「駄目でもともと」
しようとしてもできないこと。また、そのさま。不可能。「これ以上歩けと言われてもとても駄目だ」
してはいけないこと。「ここでタバコを吸っては駄目だ」「黙って入っては駄目だ」
囲碁で、両者の境にあってどちらの所有にもならない目。
演劇などで、演出・演技などの悪い点についての注意や注文。「駄目が出る」
[類語](1おしまい絶望的不可不合格失格なってない・よくない・いけないしようがないどうしようもない処置無しはしにも棒にも掛からない腑甲斐ふがい無い情け無い役立たず無能台無しふいおじゃん空中分解挫折くたびれもうけわやパンクぼつ極悪最低最悪ワースト劣悪粗悪低劣/(2無駄無益無意味論外ナンセンス不毛無意義くだらないつまらないしがないろくでもない無効甲斐かい無い台無しふいおじゃん空中分解挫折くたびれもうけおしまいわやパンクぼつ余計余分蛇足だそく不必要不要不用無用あだいたずら徒労無駄足無駄骨無駄骨折り骨折り損不経済二度手間無くもがなあらずもがな無にする無になる無に帰する水泡に帰する水の泡/(3無理困難不可能・実現不能・出来ない相談難しい/(4禁止悪いけしからん禁物いけない不可いかん良からぬ禁制禁断禁令禁遏きんあつ禁圧厳禁無用法度はっと差し止め禁忌禁ずる取り締まる制する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android