琴古流(読み)きんこりゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)「琴古流」の解説

琴古流
きんこりゅう

尺八流派名。初世黒沢琴古(1710―71)を祖とする。琴古の名は4世で途絶したため、以後宗家はなく、多くの分派家元に分かれている。都山(とざん)流と並ぶ二大流派の一つ。黒沢家は、普化宗(ふけしゅう)両本山(一月寺(いちがつじ)と鈴法寺(れいほうじ))の吹合(ふきあわせ)(尺八指南役)を務めた家柄で、江戸を中心に親子三代にわたり繁栄したが、4世(3世の弟)は技量優れず、3世の高弟久松風陽(ふうよう)が実質的家元として芸を継承した。初世の門弟宮地一閑(いっかん)から、池田一枝―山田如童―豊田古童―荒木古童と伝わる流れを一閑流とよんだが、荒木は久松にも師事し、事実上再統一され、現在に至る。なお琴古流の名称は18世紀後半に現れるが、一般に使われるようになったのは明治初めの普化宗廃止(1871)以後である。初世琴古以来、伝来の本曲(ほんきょく)36曲を軸に、廃宗後確立された三曲尺八(外曲(がいきょく))に多数のレパートリーをもつ。上原六四郎が考案し初世川瀬順輔(じゅんすけ)が普及させた点符式記譜法や、曲線的な装飾を多用した本曲奏法などが特徴である。

[月溪恒子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「琴古流」の解説

琴古流【きんこりゅう】

尺八の流派名。江戸中期の初世黒沢琴古〔1710-1771〕を始祖とする。現在,都山(とざん)流とともに,尺八界二大流派の一つ。黒沢琴古は黒田藩士であったが,浪人して虚無僧となり,全国を行脚。のち江戸へ出て普化宗両本山の尺八指南役を勤め,各地の虚無僧寺に伝わっていた尺八曲を整理して,今日の琴古流本曲30余曲を制定。尺八の製作も行った。彼自身,流派は名乗らなかったが,2世〔1747-181〕のころに流としての意識が確立したという。とくに1871年普化宗廃止後三曲に進出することが多く,〈琴古流〉が唱えられ,荒木古童ほか多くの名人が現れた。
→関連項目尺八

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「琴古流」の解説

琴古流
きんこりゅう

尺八楽の流儀流祖は1世黒沢琴古。琴古は世襲幕末の4世まで続いたが,流の名称の確立普及は明治以後。流祖制定の本曲 36曲の伝承を基本とするが,明治以後は2世荒木古童が中心となり,三曲合奏を盛んにして流勢拡張。現在,都山流とともに尺八界を二大分。流の統一組織はなく,各派に分れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「琴古流」の解説

きんこ‐りゅう ‥リウ【琴古流】

〘名〙 尺八の流派の一つ。普化(ふけ)宗尺八中興の祖黒沢琴古が明和一七六四‐七二)のころ創始した。明治四年(一八七一)普化宗廃宗後盛んになり、都山流とともに尺八の二大流派をなす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の琴古流の言及

【荒木古童】より

…琴古流尺八家の芸名。初世は豊田古童。…

【黒沢琴古】より

…尺八楽琴古流の流祖および宗家代々(4世まで存続)の芸名。(1)初世(1710‐71∥宝永7‐明和8) 本名幸八。…

【尺八】より

…そのころ江戸の虚無僧の中の尺八指南役だった初世黒沢琴古(きんこ)は,各地の虚無僧寺所伝の尺八曲を収集整理し,編曲して30曲余りの本曲を制定した。これを基に江戸を中心に琴古流と称する芸系(今日まで存続)が生じ,以後,関西その他の地方にもいくつかの流派が生じた。その中では,幕末の大坂で外曲(三曲合奏)を主として活躍した近藤宗悦(そうえつ)の宗悦流(現存しない),京都明暗(みようあん)寺の明暗真法(みようあんじんぽう)流,浜松普大寺系統の西園(せいえん)流,弘前の津軽藩士のたしなみとなった錦風(きんぷう)流(根笹(ねざさ)派とも)などがよく知られる。…

※「琴古流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android