コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴ケ嶺昭男 つるがみね あきお

1件 の用語解説(鶴ケ嶺昭男の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴ケ嶺昭男 つるがみね-あきお

1929-2006 昭和時代後期の力士。
昭和4年4月26日生まれ。昭和22年井筒部屋に入門。28年入幕。「もろ差しの名人」といわれ,栃若時代の名関脇として活躍。技能賞10回をふくむ三賞受賞は14回。42年引退。47年君ケ浜部屋をおこし,52年井筒に名跡変更。息子の鶴ノ富士,逆鉾(さかほこ),寺尾は史上初の3兄弟関取となる。平成18年5月29日死去。77歳。鹿児島県出身。本名は福薗昭男。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鶴ケ嶺昭男の関連キーワード柏戸剛断髪式玉の海正洋栃ノ海晃嘉控力士双羽黒光司朝潮太郎(3代)小熊伊成豊山勝男あんま

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone