鶴岡社務記録(読み)つるがおかしゃむきろく

世界大百科事典 第2版の解説

鎌倉鶴岡八幡宮歴代社務(別当)の日記。2巻。成立時期,編者ともに不詳。1192年(建久3)初代別当円暁から1355年(正平10∥文和4)19代別当頼仲に至るまでの記録。別当の略歴,神事や祈禱などの記事とあわせて,当該期の幕府や東国をめぐる政治的諸勢力の動向も記録されているので,鶴岡八幡宮の歴史だけでなく,中世東国史を知る重要史料となっている。《改定史籍集覧》所収。【外岡 慎一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android