鶴岡社務記録(読み)つるがおかしゃむきろく

世界大百科事典 第2版の解説

つるがおかしゃむきろく【鶴岡社務記録】

鎌倉鶴岡八幡宮歴代社務(別当)の日記。2巻。成立時期,編者ともに不詳。1192年(建久3)初代別当円暁から1355年(正平10∥文和4)19代別当頼仲に至るまでの記録。別当の略歴,神事や祈禱などの記事とあわせて,当該期の幕府や東国をめぐる政治的諸勢力の動向も記録されているので,鶴岡八幡宮の歴史だけでなく,中世東国史を知る重要史料となっている。《改定史籍集覧》所収。【外岡 慎一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android