コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴岡社務記録 つるがおかしゃむきろく

世界大百科事典 第2版の解説

つるがおかしゃむきろく【鶴岡社務記録】

鎌倉鶴岡八幡宮歴代社務(別当)の日記。2巻。成立時期,編者ともに不詳。1192年(建久3)初代別当円暁から1355年(正平10∥文和4)19代別当頼仲に至るまでの記録。別当の略歴,神事や祈禱などの記事とあわせて,当該期の幕府や東国をめぐる政治的諸勢力の動向も記録されているので,鶴岡八幡宮の歴史だけでなく,中世東国史を知る重要史料となっている。《改定史籍集覧》所収。【外岡 慎一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android