コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建久 ケンキュウ

大辞林 第三版の解説

けんきゅう【建久】

年号(1190.4.11~1199.4.27)。文治の後、正治の前。後鳥羽・土御門つちみかど天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

けんきゅう【建久】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1190年から1199年まで、後鳥羽(ごとば)天皇、土御門(つちみかど)天皇の代の元号。前元号は文治(ぶんじ)。次元号は正治(しょうじ)。1190年(文治6)4月11日改元。陰陽道の「三合(さんごう)厄歳」(三合の厄)を避けるために行われた。『晋書(しんじょ)』および『呉志(ごし)』を出典とする命名。源頼朝(よりとも)は、1192年(建久3)に朝廷から征夷大将軍に補任された。この年の3月13日、後白河(ごしらかわ)法王が崩御している。1198年(建久9)、後鳥羽天皇は皇子の土御門天皇に譲位し、院政を開始した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

建久の関連キーワード選択本願念仏集藤原定親(1)丹波局(2)修理少進季長興禅護国論宇佐美実政公顕(1)奥州総奉行鎌田正清女六百番歌合西園寺実氏征夷大将軍粟生光明寺定恵法親王富士の巻狩承仁法親王御感の御書施無畏寺田中宗清中原師直

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建久の関連情報