建久(読み)ケンキュウ

大辞林 第三版の解説

けんきゅう【建久】

年号(1190.4.11~1199.4.27)。文治の後、正治の前。後鳥羽・土御門つちみかど天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

けんきゅう【建久】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1190年から1199年まで、後鳥羽(ごとば)天皇、土御門(つちみかど)天皇の代の元号。前元号は文治(ぶんじ)。次元号は正治(しょうじ)。1190年(文治6)4月11日改元。陰陽道の「三合(さんごう)厄歳」(三合の厄)を避けるために行われた。『晋書(しんじょ)』および『呉志(ごし)』を出典とする命名。源頼朝(よりとも)は、1192年(建久3)に朝廷から征夷大将軍に補任された。この年の3月13日、後白河(ごしらかわ)法王が崩御している。1198年(建久9)、後鳥羽天皇は皇子の土御門天皇に譲位し、院政を開始した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建久の関連情報