コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祈禱 きとう

世界大百科事典 第2版の解説

きとう【祈禱】

祈禱は広義に解すれば,すべての宗教的願,祈念祈りを意味する。この意味の祈禱は普遍的にみられる宗教現象である。この場合,祈禱とは,神や仏といった超自然的存在と信者との交流の一形態であると考えられる。祈禱はまず大別して,会話型と黙禱型の2類型に分けて考えることができよう。会話型とは声を用いて祈り言葉などを誦する祈禱であり,黙禱型とは心のなかで念じて祈る型である。もちろん両者とも付随的に,閉眼,合掌などさまざまな動作が並行的になされることもおおい

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の祈禱の言及

【挨拶】より

…他方で,おじぎや合掌などは高度に儀礼化された身ぶりといえる。 人に対する挨拶の身ぶりとカミに対する〈祈禱(きとう)〉の身ぶりは似ている場合が多い。人間の世界の作法をカミに向けたものともいわれるが,ちょうど日本で人は死ぬとホトケになるように,人間ひとりひとりが神的なものをすでに身内にひそませているのだとしたら,あるいは,互いに相手のなかのそのカミに向かって挨拶しているのだとも考えうるであろう。…

【加持祈禱】より

…なんらかの願望がかなえられるよう神仏に対して行う一種の呪術作法。本来密教では加持は如来の大悲と衆生の信心を指し,祈禱は攘災治病等の現世求福を意味するものとして区別されるが,一般には両者は同義に使用される。加持では真言行者が手に印を結び口に真言を誦し心に仏菩薩を観じ,いわゆる三密加持を行う。…

※「祈禱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

祈禱の関連キーワード祈祷性精神病・祈禱性精神病灌頂の御所・潅頂の御所加持祈祷・加持祈禱祈祷奉行・祈禱奉行時祷書・時禱書祈祷師・祈禱師詔刀師・祝詞師祈禱性精神病オラトリオ奉射・歩射懇祷・懇禱験得・験徳祈りの使い天曹地府祭礼拝統一法災難除けオラショ三宝加持童子経法御祈禱所

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祈禱の関連情報