コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴浜 つるはま

防府市歴史用語集の解説

鶴浜

 堅田元武[かただもとたけ]が萩藩からほうびとして干拓の許可をもらって、1752年にできた干拓地です。しかし、土手が何回かこわれたので、萩藩に返し、その後、萩藩によって1764年に修理され、塩田になりました。現在も地名が残っていますが、工業団地になっており、三田尻塩田記念公園[みたじりえんでんきねんさんぎょうこうえん]だけが、塩田の様子を残しています。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

鶴浜の関連キーワード三田尻塩田記念産業公園能登島(旧町名)三田尻浜大会所三田尻六ヶ所浜中島(石川県)石川県七尾市七尾(市)中島[町]田鶴浜建具田中藤六七尾市石川県能登島荒山峠田鶴浜中関中島高松

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶴浜の関連情報