コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堅田元武 かただもとたけ

1件 の用語解説(堅田元武の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

堅田元武

 萩藩の家臣の一人で、重要な役職についていました。しかし、将軍・徳川家重[とくがわいえしげ]に献上した太刀の鍔[つば]に傷があった事件をきっかけに、毛利重就[もうりしげたか]によって、職をはずされます。また、鶴浜[つるはま]を最初に干拓したのも堅田元武です。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堅田元武の関連キーワード記主首を挿げ替える顕要重器定府当路平社員普賢要路役付

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone