コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堅田元武 かただもとたけ

防府市歴史用語集の解説

堅田元武

 萩藩の家臣の一人で、重要な役職についていました。しかし、将軍・徳川家重[とくがわいえしげ]に献上した太刀の鍔[つば]に傷があった事件をきっかけに、毛利重就[もうりしげたか]によって、職をはずされます。また、鶴浜[つるはま]を最初に干拓したのも堅田元武です。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android