コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干拓地 カンタクチ

デジタル大辞泉の解説

かんたく‐ち【干拓地】

干拓を行って造成した陸地。多く、農地や牧草地などに利用される。→ポルダー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の干拓地の言及

【干拓】より

…干拓という用語は1914年の耕地整理法によって定義され,それ以前は埋築,埋立てと混用されていた。造成された土地を干拓地といい,一般に外水面よりも低い。干拓は開墾の一種ともいえるが,堤防をきずき,地表水を排除して農地を造成する点が普通の開墾と異なる。…

【ポルダー】より

…低湿地の干拓によって生じた土地で,堤防に囲まれ,水位を調節できる干拓地。一般には,オランダ北部・西部,ベルギー北部の北海沿岸地域やライン,マース(ムーズ),スヘルデの河口デルタ地帯に見られるものをいう。…

※「干拓地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

干拓地の関連キーワード秋田県南秋田郡大潟村ベームステル干拓地千葉県旭市新町小中之湖干拓地東与賀〈町〉田布施[町]能登川[町]久保田〈町〉籠(こもり)福富〈町〉遠賀[町]潟東〈村〉有明[町]干潟〈町〉千丁[町]アイセル湖寺社鋪開作八竜〈町〉有明〈町〉琴丘〈町〉

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

干拓地の関連情報