コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹司信平 たかつかさ のぶひら

世界大百科事典 第2版の解説

たかつかさのぶひら【鷹司信平】

1636‐89(寛永13‐元禄2)
江戸前期の旗本。関白鷹司信房の四男。徳川家光室(本理院)の弟。武家となることを望み,1650年(慶安3)9月江戸に下って家光に謁し,11月御家人となり月俸200口,廩米(りんまい)1000俵を受けた。53年(承応2)12月徳川頼宣の息女をめとる。54年3月松平の称号を賜り左兵衛督となり,加増されて廩米5000俵を受ける。同年12月従四位下少将に叙任。74年(延宝2)2000石加増され,廩米を改め上野国碓氷,群馬等において7000石を与えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

鷹司信平 (たかつかさのぶひら)

生年月日:1636年12月6日
江戸時代前期の旗本
1689年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

鷹司信平の関連キーワード松平信平生年月日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android