コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群馬 ぐんま

4件 の用語解説(群馬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

群馬
ぐんま

群馬県中南部,高崎市東部の旧町域。榛名山南東麓にある。 1955年金古町と堤ヶ岡村,国府村の2村が合体して群馬町が発足。 2006年高崎市に編入。丘陵や台地が広く,養蚕地帯であったが,ハクサイホウレンソウなどの野菜栽培,養豚への転換が進んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぐんま【群馬】

関東地方北西部の県。ほぼもとの上野(こうずけ)国の全域にあたる。県庁所在地前橋市。人口200.8万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぐんま【群馬】

関東地方北西部の内陸県。かつての上野こうずけ国の全域を占める。東・北・西は足尾山地・三国山脈・関東山地などに囲まれる。中央を利根川が南流し、南東部が関東平野に開ける。県庁所在地、前橋市。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

群馬
ぐんま

群馬県中西部、群馬郡にあった旧町名(群馬町(まち))。現在は高崎(たかさき)市の北東部に位置する地域。1955年(昭和30)金古(かねこ)町と国府村、堤ヶ岡(つつみがおか)村が合併して群馬町が成立。1957年上郊(かみさと)村の一部を編入。2006年(平成18)高崎市に編入。旧町域は榛名山(はるなさん)南東麓(ろく)の緩斜面を占め、標高は北西部が200メートル、南東部が120メートルで、道路は縦横によく走り、中央を南北に主要地方道の高崎―渋川(しぶかわ)線が貫通し、近くに関越(かんえつ)自動車道前橋インターチェンジがある。火山裾野(すその)のため農業用水に乏しくて溜池(ためいけ)が多く、米麦のほか、とくに養蚕が盛んであったが、最近では減少傾向にあり、かわって畜産、野菜などとの複合経営が行われている。旧堤ヶ岡には多くの工場や住宅地が建設され、農村の姿が変化しつつある。国指定史跡の上野(こうずけ)国分寺跡、保渡田(ほどた)古墳群跡があり、金古は旧三国(みくに)街道の宿駅。保渡田薬師塚古墳から出た馬具などは国の重要文化財に指定されている。[村木定雄]
『『群馬町誌』全8冊(1995~2002・群馬町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

群馬の関連キーワードいなだどどめめそわかし関東地震関東大地震北関東首都直下型地震南関東季節限定ぴあ 関東版

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

群馬の関連情報