コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹島(たかしま)沖海底遺跡 たかしまおきかいていいせき

1件 の用語解説(鷹島(たかしま)沖海底遺跡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

鷹島(たかしま)沖海底遺跡

元寇(げんこう)・弘安(こうあん)の役(1281年)の際に暴風で沈没した元軍の遺品らしい遺物が、海底から多数見つかっている長崎県松浦市(旧鷹島町)沖の遺跡。これまでに陶器製の爆裂弾や刀剣、矢、船材などが出土していたが、02年9月に軍団を示すという「王百戸」と墨で書かれた青磁碗(せいじわん)、硯(すずり)などが海底を1〜1.5m掘り下げ、見つかった。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鷹島(たかしま)沖海底遺跡の関連キーワードアンコウ元寇苟安弘安弘安の役文永の役玄光少弐資時范文虎松浦答

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone