コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿の子蛾 カノコガ

デジタル大辞泉の解説

かのこ‐が【鹿の子×蛾】

鱗翅(りんし)目カノコガ科のガ。翅(はね)の開張3~4センチ。翅は黒色の地に白紋が散在し、体に橙色の2本の帯がある。日中に樹間や草むらを弱々しく飛ぶ。幼虫の食草はスイバギシギシタンポポなど。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かのこが【鹿の子蛾】

カノコガ科のガ。開張約34ミリメートル。はねは細長く黒色で透明な紋が散在し、体には黄色の帯状斑がある。成虫は昼間飛ぶ。幼虫はツメクサ・スギナ・タンポポなどの葉を食う。日本各地と朝鮮半島に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鹿の子蛾の関連キーワード朝鮮半島分布成虫

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android