コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羊蹄 ギシギシ

デジタル大辞泉の解説

ぎし‐ぎし【羊蹄】

タデ科の多年草。道端にみられ、高さ1メートルに達する。茎は直立し、下部の葉は長い柄をもち、長楕円形。夏、小花が円錐状に密につき、実は三角形で褐色。民間で、根をおろして絞った汁を皮膚病に用いる。し。しのね。しぶくさ。 春 花=夏》「―も雀隠れの穂をあげし/禅寺洞」

し【羊蹄】

ギシギシ古名。〈和名抄

し‐の‐ね【羊蹄】

ギシギシの古名。〈新撰字鏡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎしぎし【羊蹄】

タデ科の多年草。原野に自生。茎は太く高さ約80センチメートル。根葉は狭長楕円形で長い柄がある。夏、茎上の花穂に多数の緑色の小花をつける。根を「しのね」(漢方では羊蹄根ようていこん)といい、皮膚病の薬にする。 〔「羊蹄の花」は [季] 夏〕

しのね【羊蹄】

ギシギシの古名。また、その根。〔新撰字鏡〕 〔本草和名〕

ようてい【羊蹄】

ギシギシの漢名。根は羊蹄根といい、たむしなどの皮膚病の薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

羊蹄 (ギシギシ・シ)

学名:Rumex japonicus
植物。タデ科の多年草,薬用植物

羊蹄 (ギシギシ)

植物。キク科の一年草,薬用植物。タウコギの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

羊蹄の関連キーワード北海道虻田郡ニセコ町北海道虻田郡倶知安町喜茂別のアスパラガス北海道虻田郡留寿都村北海道虻田郡真狩村社北海道虻田郡喜茂別町北海道虻田郡京極町北海道虻田郡真狩村羊蹄のふきだし湧水支笏洞爺国立公園倶知安[町]倶知安(町)留寿都[村]ニセコ[町]後志(支庁)喜茂別[町]喜茂別(町)洞爺[村]真狩[村]阿倍比羅夫

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羊蹄の関連情報